記憶力 向上 サプリ

記憶力向上サプリ

記憶力を向上させるサプリメントがあったら魅力的ですよね。
人の記憶力を向上させる効果のあるDHA・EPA配合サプリメントが注目されています。
DHA・EPAのすごい効果についてご存じでしたか??

 

DHAは青魚に多く含まれる栄養素で、人体にて生成することができない成分です。
このDHAが脳の活性化効果を発揮し、集中力アップ、情報処理能力をアップさせる働きをします。
脳を活発にする栄養素を補うことで記憶力が向上するわけなのです。

 

勉強中の方、集中したい方、受験生を抱えるお母さま方から注目のDHA
このDHAを沢山含んだサプリメントが数多く販売されています。
ご自身に合うサプリメントを見つけ、脳をより活性化させて下さい。

 

>>きなりの詳細を確認する<<

 

 

 

DHAサプリの効果で記憶力アップ

受験勉強をしている人にとって記憶力がアップすることほど魅力的なことはないですが、なかなかそんなに上手く行かないので皆苦しんでいるのです。
しかし最近は記憶力がアップするDHAサプリが販売されるようになったために、多くの受験生がその効果を実感しています。
今では驚くほど沢山のDHAサプリが販売されているので、その中から自分に合ったものを慎重に選んで購入するのが良いです。
もちろん人によって効果が違って来るので、どのDHAサプリを服用するのが記憶力アップに効果的なのか色々と試してみると言う方法もあります。
ただDHAサプリを服用したからと言って記憶力がアップすると言うのではなく、それを服用することで脳の機能が円滑になって頭がすっきりすると言うことなのです。
そしてその状態で勉強することで効率良く勉強することが出来るので、それを服用しないよりも暗記すべき箇所をどんどん覚えることが出来るわけです。
ですからDHAサプリを服用したから記憶力が見違えるほどアップすると言うのではないので、その点はよく理解しておく必要があります。
そうはいってもDHAサプリを服用することによって効率よく勉強することが出来るので、受験生にとって魅力的なのは言うまでもないことです。
しかも驚くほど安い価格で手に入れることが出来ることもあって、最近ではそれを服用して勉強している人が沢山います。
このようにDHAサプリは受験生にとって必要不可欠な存在となりつつありますが、それを服用しているのは受験生だけに限らないです。
一般の会社員や主婦でも記憶力がアップすれば仕事をする上で助かることは沢山あるので、そういった人達にとっても魅力的なものなのです。
また最近では錠剤タイプの物が多く販売されているので、簡単に服用できる点もそれを利用する人が増えている大きな要因となっています。
そういったこともあって毎年多くのDHAサプリが販売されているので、より効果のある物を選んでそれを服用するようにした方が良いです。

 

 

DHAサプリの効果で記憶力アップ

DHAは脳に良いとよく聞きますが、具体的にどのような効果があるのかご存知ですか。まず何故脳に良いのかと言うと、DHAは元々脳に存在しており、脳の栄養分の一つだからです。脳には140億個もの脳細胞膜がありますが、それらにDHAは存在しています。そして特に脳の中でも記憶力や学習力を司る海馬には他の部分の倍以上のDHAが存在しています。そのためDHAは記憶力や学習能力を高める栄養素とされているのです。そしてDHAには脳の伝達能力を高める効果もあります。脳内の信号の伝達には信号であるシナプスと神経細胞であるニューロンが関係しています。DHAにはシナプスを活性化するとともにニューロンの感度を上げる効果があります。そのため思考力が上がり、柔軟に考えることができるようになるのです。このような効果があるDHAですが、摂取することで記憶力や学習能力をアップさせることはできるのでしょうか。DHAは摂取するとまず脳に取り込まれます。摂取した栄養素が全て脳に取り込まれる訳ではありませんが、DHAは脳への入り口を通過することができる栄養素の一つであるため、脳に取り込まれることができるのです。そのためDHAサプリや青魚を食べると、吸収されたDHAは脳に行き、活性化して記憶力や学習能力を高めることができます。特に脳細胞は20歳を過ぎると次第に減少していきます。それに伴い、記憶力や学習能力も低下していきます。ですから脳を活性化して記憶力や学習能力を高めるためにはDHAを摂取することをおすすめします。しかし毎日食事から摂取しようとすると大変です。青魚に多く含まれているとはいえ、必要量を摂取するには大量に食べなくてはいけません。そこでおすすめなのが手軽に摂取できるDHAサプリです。DHAサプリなら魚嫌いな人でも簡単に摂取することができます。歳を取っても記憶力を保ちたい、様々なことを学び続けたい、柔軟に物事を考えたいという方にはおすすめのサプリです。

 

記憶力・学習能力の向上

人間は普通年を取るにつれて、記憶力が低下したり学習能力が衰えたりすることがあるものです。こうした症状が生じるのは、加齢に伴って脳細胞が減少していくことと大きな関係があると言えるでしょう。一般に、人は二十歳を過ぎるとどんどん脳細胞が減っていく傾向にあると言われています。
しかし、加齢にも関わらず、ある程度脳細胞を活性化させて、記憶力や学習能力を向上させることは可能であると考えられています。それを可能にするのが、DHAやEPAと呼ばれるオメガ3系列の脂肪酸なのです。特に、DHAが記憶力の向上や学習能力の向上に効果があると言われる理由は、DHAが人の脳を構成している重要な成分の一つであるという点にあります。脳や脳膜、海馬の部分に非常にたくさん存在しているのがDHAであり、血液脳関門を通過できる数少ない物質の中の一つであると言われています。こうして、妨げられることなく血液脳関門を通過したDHAは、脳内に入り込み、その細胞膜を柔らかくし、大事なシナプスを活性化することができます。それによって、脳の伝達性を高めることができ、記憶力や学習能力の向上につながるというわけです。
このように、直接脳の活性化をサポートする働きを持つDHAに対して、EPAはどちらかと言うと、血小板が凝集してしまうのを防ぐ効果があることで知られている成分となっています。そのため、血栓を防ぎ、動脈硬化のリスクを下げる効果が注目されています。しかし、残念ながらEPAの場合は、血液脳関門を通過することができる成分ではありません。それでも、このEPAが果たしている役割はたいへん大きく、特に、DHAと一緒に摂取することによって、大きな相乗効果が期待されています。
このように、記憶力や学習力の向上に効果を発揮するDHAやEPAはどちらも酸化しやすいという性質を持っているため、抗酸化作用を持つビタミンと一緒に摂取するとより効果的でしょう。

 

記憶力向上に良いサプリの成分とは

私たちは誰でも年齢にかかわりなく、できるだけ記憶力を向上させたいと思うことでしょう。そこで、記憶力向上に効果があるサプリの成分について考えてみましょう。
その一つは、DHAと呼ばれるドコサヘキサエン酸です。青魚に豊富に含まれるDHAには、脳細胞や脳神経に働きかけて脳の働きを活性化するという効果があると言われています。特に、集中力が続かない、なんとなく頭がぼんやりするといった人には、お勧めの成分であると言えるでしょう。
記憶力を向上させるのに効果があるサプリの別の成分は、EPAです。EPAには、血小板の凝縮を防ぐ働きがあるため、血液を流れやすい状態にし、脳への血液のめぐりをよくすることさえできると言われています。こうして、脳に血液が十分に届けられるため、記憶力の向上につながるというわけです。
また、記憶力を向上させるのに役立つサプリには別の成分も含まれています。たとえば、ホスファチジルセリンと呼ばれるものです。これは大豆や肉類などに含まれている成分ですが、微量であるため、サプリから摂取するのが効果的であると言われています。
記憶力の向上に役立つサプリの別の成分は、アセチル-L-カルニチンと呼ばれるものです。これは、脳内で神経伝達物質として働くアセチルコリンの量を増やすことができるものとして注目を集めています。このアセチル-L-カルニチンの働きによって、アセチルコリンを増殖させることができれば、記憶力を向上させることができると考えられています。
これらに加えて、上述のDHAやEPAを酸化させることなく体に運ぶためには酸化防止成分が必要です。その点で効果的なのがアスタキサンチンと呼ばれるものです。ビタミンEの千倍もの抗酸化作用があると言われているからです。これらの成分がたっぷり配合されているサプリを十分に活用して、記憶力の向上を図るようにし、脳をいつまでも若々しい状態に保つようにしたいものです。

 

 

記憶力向上に良い食べ物とその成分とは

記憶力は年とともに低下していきます。若い頃は新しいことや初めてのことをすぐに覚えたり、今まで見たものや聞いたことをすぐに思い出すことができましたが、いつの間にか何度も繰り返さないと覚えられなかったり、人の名前をすぐに思い出せなくなったりします。これは脳が老化してしまったからです。しかし、健康に良い食べ物が色々あるように、記憶力を向上させる効果を持つ食べ物もあります。
では、どのような食べ物にそのような効果があるかというと魚です。魚にはDHAという成分が豊富に含まれています。実はこのDHAは脳の記憶力を司る海馬という部分にも多く存在しています。そしてどのような働きをしているかというと、情報伝達をスムーズにしたり、脳の信号の感受性を高めることで脳の働きを活発にしているのです。しかし、脳に存在するDHAは加齢とともに減少してしまいます。そのため脳の記憶力に関する働きが低下して、物覚えが悪くなったり色々なことを思い出しにくくなるのです。しかしDHAを摂取することにより、それが脳に届き、低下した記憶力を向上させることができます。体内が吸収できる数多くの栄養素の中でも脳に届く栄養素は限られています。しかし、DHAはその数少ない栄養素の一つであるため、食事で摂取すると脳に届くことができるのです。また、DHAと同様に魚に含まれるEPAには血管を柔らかくし、脳梗塞などの動脈硬化を防ぐ効果があります。脳へのダメージを防ぐことが記憶力の低下を抑えることにもなります。
このように食品の中には記憶力を向上させることのてきるものがあります。それが魚に多く含まれるDHAです。また、同様に含まれるEPAにも脳梗塞を防ぐ効果があります。これらの成分は特に青魚や旬の魚に多く含まれています。そのため、記憶力を高めたい方におすすめなのは魚をメインにした食事です。また、毎日食べることが難しいのであれば、DHAを配合したサプリメントもおすすめです。

 

 

記憶力向上に良い生活習慣とは

仕事や学業のために記憶力を向上させたいと考えている方がいるかと思われます。そこで、記憶力を向上させるために気をつけるべき生活習慣について見ていきます。何も考えずに生活している人と意識して生活している人とでは、やはり明らかな差があります。まず、運動を挙げることができます。ウォーキングやジョギングといった有酸素運動が脳の活性化に効果があることが明らかになっているので、適度に行うようにしてください。有酸素運動を行うと脳に酸素取り込まれて脳の血液も増加するので、脳が活性化するという仕組みになります。したがって、勉強ばかりすれば良いのではなく、適度な有酸素運動も取り入れることが大事です。
また、食事も記憶力の向上において無視できない生活習慣になります。脳のエネルギー源はブドウ糖なので朝食をしっかり摂る必要があります。近年、朝食を抜く方が多くなっていますが、それは記憶力の向上に逆効果であることを認識してください。食事ではDHAが多く含まれている青魚を食べることも重要なポイントになります。DHAは脳を活性化させる働きがあるので、意識して魚を摂ることが求められます。DHAが多く含まれている青魚とはマグロやブリ、サバ、サンマなどになります。魚が嫌いで食べられないのであれば、サプリでも構いません。
そして喫煙や飲酒等の生活習慣も改善する必要があります。喫煙や飲酒はガンなどを発症させるリスクが高くなることで有名ですが、記憶力にも大きな影響をもたらしてしまいます。喫煙によって情報処理能力が低下してしまうデータがありますし、飲酒では脳が萎縮してしまう研究結果があります。喫煙や飲酒はストレスを解消できるメリットがありますが、記憶力の向上にはマイナスの働きとなってしまうので摂るべきではないと言えます。自分の欲求を満たすのか、それとも記憶力を向上させるために生活習慣を改善するべきか、普通は後者を選ぶはずです。

 

 

記憶力向上に良い音楽や色、運動とは

記憶力向上のための方法は色々とあります。
トランプを使った簡単なゲーム脳を活性化させるためにガムを噛む等が挙げられますが、音楽や色、そして運動を用いた方法がすぐに生活に取り込める方法として実用的だと一般に知られています。
まず記憶力向上に良いとされる音楽はクラシックです。
特に効果がある曲はヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトの曲だと言われており、その根拠はある実験においてモーツァルトの曲は記憶力をアップさせる効果があると証明されています。それはモーツァルトの曲が非常に調和があるメロディーを持っているため、不調和なメロディを嫌う人間の脳が受け入れるうえに集中力を助けてくれるからです。もちろんモーツァルトだけでなく、ベートーベンやバッハ、チャイコフスキーにリストなど好きなクラシックでも問題ありません。実験では波の音や鳥の声といった自然の音楽や通常の歌謡曲でも通常の歌謡曲などでも効果があるという報告がされていますが、歌詞付きの音楽では歌詞に邪魔されて集中力が妨げられるケースも挙がっているので要注意です。
次に記憶力を向上させる色としておすすめな色は寒色系のカラーとなります。特に青がおすすめです。
青や水色、青緑等クールな印象を与える寒色系のカラーには血圧を下げる効果があり、その結果として人間の気分を沈静させます。また実際の時間よりも時間を短く感じさせる効果もあるので記憶力の向上が見込まれるのです。
そして最後に記憶力の向上が良い運動はウォーキングです。
ウォーキングしながら勉強するという方法は脳が活性化させるには丁度良く、かつ血流が良くなるので健康にも良いのです。何より常に移動することで気分転換を持続させて記憶力の向上に歯欠かせない集中力を保つ効果も期待できます。ただしこの方法は人によって不向きがあるので、まず試してみることをおすすめします。またこの方法をする場合は他人の迷惑や自身の怪我をする可能性を避けるために周りを注意して歩くことが最低限のマナーです。

 

 

記憶力を向上させる薬とその副作用や危険性とは

記憶力を向上させる薬は、効果が期待できる半面、副作用もあります。
この薬は、人間の脳の機能や能力、そして認知能力や記憶力を高める効果があり、脳の神経を刺激する成分がたくさん配合されています。
まず、神経伝達物質の分泌を調整し、集中力を高め、脳をサポートするアニラセタムやピラセタムが含まれています。このアニラセタムはピラセタムに比べて効果が強く、アルツファイマーや認知症予防の薬を改良されたもので、即効性が高い成分です。そして、神経伝達物質のアセチルコリン、セロトン、ドーパミンなどを補充し、神経伝達を正常化する成分も配合されています。また、脳の血管を拡張し、循環を良くすることで、脳への栄養と酸素の運搬を活発にする成分も含まれています。さらに、中枢神経を刺激し、脳の回転やスタミナを増強させ、成長ホルモンを補充し、意欲低下を改善する成分も含まれています。このように、多種多様の成分が含まれています。ですから、記憶力が改善されたり、学習能力が向上しますので効能は大変魅力的です。
しかし、たくさんの成分で、脳の神経や血管を急激に刺激することになりますので、個人差はありますが副作用があります。その副作用は、うつ、吐き気、下痢、食欲不振、胃痛、頭痛、そしてかゆみや湿疹です。これらの症状は、体内に数多くある神経やホルモンが急激に刺激されることで生じる体の副反応です。また、アニラセタムを摂取することで、神経伝達物質であるアセチルコリンが大量に消費されます。ですから、アニラセタムを摂取することで、逆に脳の機能を低下させてしまうことがあり、それによって眠気を生じることもあります。
さらに、この薬を服用している時は、運転すると危険だといわれています。それは、薬を服用することで脳が興奮状態になりますので、少しのことにイライラしてしまったり、正常な判断ができなくなる危険性があるからです。
このように、この記憶力を向上させる薬は程度に個人差はありますが、さまざまな副作用がありますので、摂取量を守り、常用しないことが大切です。

 

脳の活性化と記憶力が上がるための栄養素

DHAは脳内にたくさん存在する物質なので、摂取する事で補うと頭が良くなると言われています。
脳内の「海馬(記憶に密接に関わる場所)」には特にたくさんのDHAがあるとされています(脳の別の場所の200パーセント以上)。

 

また、脳は人間にとって非常に大切な器官ですから、内部に浸透する事ができる物質自体がかなり少ないです。脳には「血液脳関門」と呼ばれるゲートが存在し、脳にとって必要ではない物質は、このゲートで弾かれてしまいます。

 

ですが、脳内にはDHAがたくさんあるわけですから、当然脳にとってDHAは大切な物質であるという事が言えます。そして、中でも海馬にたくさん存在しているわけですから「DHAで記憶力をサポートする事ができる」とも言えるのです。

 

また、DHAに関して以下のようなメンタル面についての実験が行われた事もあります。
学生を対象に「DHAを摂る組」と「DHAを摂らない組」を作り、実験を始めてから90日後に各組に対して心理テストを実行して、心理面の変動を比べる。

 

結果、「DHAを摂る組」の方は心理面が大幅に穏やかになり、「DHAを摂らない組」は心理面がやや凶暴になっていたそうです。
このような心理面への好影響も、DHAが持つ判断能力や記憶能力を高める効果に密接に関係しているのだと言われています。

 

 

脳内にはDHAがたくさん存在する

必須脂肪酸の一つにドコサヘキサエン酸(DHA)というものが存在します。
人体にも含まれており、20歳以上の人の脳細胞内に1割存在しています。
脳内で脳細胞作りを進めるという非常に大切な役目があり、DHAが足りなくなると脳細胞膜を生成する事が不可能になり、脳細胞が死滅したり弱体化したりしてしまいます。

 

ことにシナプスの場所(情報を伝令する役目があります)のDHAが足りなくなると、情報伝令が滞り、それが引き金となって認知症になったり記憶力が衰えたりしてしまうと言われています。

 

 

魚介類でしかDHAは摂取出来ない

このように大切な役目を持っているDHAですが、人間が自ら生成する事は不可能なので、食材から摂るより他ありません。
大豆や野菜に入っているα-リノレン酸が、肝臓内でDHAに変質し、そして血流に乗って脳等の器官に届けられる事になります。

 

この場合は、肝臓でα-リノレン酸が変質しなければDHAとして摂り込む事は叶いません。ですが、魚類には最初からDHAとして入っているため、ダイレクトにDHAを摂る事ができるので有意義です。

 

そして、魚介類以外で「DHAがダイレクトに摂取できる食材」は存在しません。ですから、魚介類を摂取するのが、DHAを摂る上での一番の近道であると言えます。

 

 

どんな調理手段であってもEPAやDHAの分量は一定です

 

煮魚、生魚、焼き魚、缶詰……など色々ありますがEPAやDHAの分量は一定です。
むしろ「魚の場所」が大事であって、皮、血合い、目玉、目玉近辺にはDHAが集中しています。味に癖のある部位ですが、EPAやDHAを効率良く摂取する事ができるので、ぜひ食べるようにして下さい。